生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
0
    大阪自然史フェスティバル・今年もブース参加します!



    毎年参加している大阪自然史フェスティバルに、本年度も参加します。

    関西方面の会員さま、お近くのみなさま、野鳥や自然が好きな方、

    ぜひ「四万十ヤイロチョウの森」のブースに遊びに来てくださいね!
    ヤイロチョウの森の植樹ボランティアも大募集しています。
    みんなの力で、絶滅危惧種ヤイロチョウの森を守っていきましょう。

    みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

    | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      12/1 冬の巣箱かけ&バードリース作り(石川)


      12月1日は、本年度最後の観察会となります。
      昨年掛けた巣箱の中を観察し、巣材を出してみます。
      そのあと修理や掃除などをしてまた掛け直します。
      巣箱を利用する野鳥たちの生活を学びましょう!

      後半は、昨年大好評だったバードリース作りを行います。
      野鳥たちが好きな木の実などを使って、
      クリスマスやお正月のリースにもなります。
      野外に出して、野鳥たちのエサ台代わりにも作れます。
      たくさんの方の参加をお待ちしています。

      申込み・・・090-8265-0955/白川
      | ecotrust | 生態系トラスト協会石川〜☆ | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        10月・四万十の森の近況報告
        10月初旬の朝、下道地区の草地で秋の渡りの移動中と思われる
        ノビタキの数羽の個体を見ました。「後で写真を撮ろう」と思っていたら、
        すぐに立ち去ってしまいました。

         
        1015日、前日の日曜日にネイチャーセンターに隣接する
        社会福祉センターの窓ガラスの下で、職員の方から
        喉の赤い小鳥が死んでいたので埋めたという連絡がありました。
        どうやら、隣の梼原町でクマタカ調査の時に、秋の渡りの途中に
        何度も藪の中を移動する姿を見かけていたノゴマのようです。

         
        秋の植樹イベントに備えて、10月から上里季悠さんや秋森稔さんが、
        植樹のための苗床の整備や間伐ボランティアに来ています。

        *写真は、
        1013日、整備中のワンダーランドの森で間伐ボランティアに汗を流している秋森稔さん
         
        また、下津井地区から通っているアルバイトの濱渦利樹さんも、
        苗床整備に汗を流しています。
        そして、いつものように濱渦さんと
        苗床つくりに出かけるため、森の番小屋に出かけたところ、

        今年の秋の初認になるジョウビタキ()が、
        すぐ前の舗装道路で車に敷かれたような状態で死んでいました。

        これから、11月にかけて、日本列島をたくさんの野鳥が
        渡っていきますが、交通事故やガラスへの死亡事故が絶えません。

         
        窓ガラスへの衝突防止策は、きらきらテープを貼ることかな?と思っています。
        車への衝突防止の方策は・・・ゆっくりとした速度で運転することでしょうか?
         
        20181025 たきたろう
        | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          10/13 秋の野鳥と生きもの観察会。



          今日は本年度5回目の自然観察会を行いました。
          風邪でキャンセルもありましたが19名が集まって
          じっくりゆっくり秋の生きもの観察を楽しみました。


          さぁ、何に出会えるかな?


          タガメやサワガニ、ヨコエビ、ヤゴなど
          水辺の生きものを捕らえて観察。


          大人たちも童心に帰って楽しみました。


          子どもが捕らえた大きなカナヘビ。

          最後に施設に戻って恒例の生きもの合わせをして、
          ドングリコロコロの歌を歌いました。
          みんなでパンとスタッフが用意した飲物で
          ティータイムを楽しみながら感想出しをしました。
          たっぷりと秋を楽しめた時間となりました!
          いよいよ次回は本年度最後の観察会となります。
          たくさんの参加をお待ちしています〜☆(報告:しら)
          | ecotrust | 生態系トラスト協会石川〜☆ | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            10月の自然観察会下見。(石川・金沢)


            今日は集まれるお仲間と
            翌週の観察会の下見を行いました。
            金沢は、まるで真夏に戻ったような暑い日となりました。



            10月13日(土)の朝9時から
            金沢大学・角間の里に集合して、
            秋の野鳥と生きものの自然観察会を行います。
            申込み〆切は、10月10日です。



            下見で野鳥は11種の確認、秋らしくモズの高鳴きを
            何度か聞きました。秋の草花も眺めながら
            バッタ類、カマキリ、クモなどを観察しながら歩きました。





            クサギの青い実ももうすぐはじけそう。



            シロヒトリの幼虫が
            モコモコしながら歩いていました。
            何と出会っても一期一会の出会いを
            楽しみたいと思っています。
            多くの方のご参加をお待ちしています。(しら)
            | ecotrust | 生態系トラスト協会石川〜☆ | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              スミナガシの羽化の動画を送ってもらいました。

              大豊明さんからスミナガシの羽化の動画を送っていただきました。

               

                屮好潺淵シ 羽化」

              https://www.youtube.com/watch?v=wb85zG4ROHo&t=178s

               

              ◆ 屮好潺淵シ メス 羽化」

              https://www.youtube.com/watch?v=j-1A6pXCwY4

               

               

              2018年10月6日

              たきたろう

              | ecotrust | - | 15:42 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                タマムシもネイチャーセンターに来ました!

                スミナガシの来た翌日の9月29日。                  (写真提供:白川)

                旧大正町河内神社宮司の田辺毅さんが、自宅の横で見つけたと言って、

                ネイチャーセンターに金属光沢で輝くように美しいタマムシを持参されました。

                食草はエノキやサクラやケヤキと書いてありますが、アクリルの飼育水槽に入れて、

                ネイチャーセンター入口にあるタイワンフウの葉が付いた枝を入れたところ、

                翌日には葉に食べた跡がありましたので、タイワンフウもメニューに入るかもしれません。

                成虫になってからの寿命は2か月程度のようですので、タマムシも早めに見に来てください。

                 

                *翌日の3日、タマムシは死んでしまいました。

                 成虫の活動時期は6月〜8月のようなので

                   遅い時期に羽化した個体のようです。

                 

                2018年10月2日   たきたろう

                | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                0
                  スミナガシが蛹に変身(変態)しました!

                  9月28日に須崎市の大豊明さんが持参した不思議な形をしたスミナガシの幼虫ですが、
                  ガラス水槽に入れておいたところ、9月30日には葉の裏側にまわって透明な感じになり、
                  10月1日の朝に水槽を見たら・・・あれれ・・・どこにもいない!
                  枯葉が1枚、葉の裏側にぶらさがっているだけ・・・実は、この枯葉そっくりさんこそ、
                  スミナガシのサナギだったのです。
                   
                  大さんによると、このまま越冬しない場合は、およそ10日後に羽化するそうですので、
                  美しいスミナガシの羽化直後の姿を見たいかたは10月11日頃にネイチャーセンターに
                  来てください。
                   
                  2018年10月1日
                  たきたろう

                  | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  0
                    スミナガシの観察。

                    写真の葉の上にいる幼虫(右の角のある部分が頭)は、

                    昨日、須崎市在住の大豊明夫妻が食草のヤマビワの葉と一緒に、

                    ネイチャーセンターに持参してくださったものです。
                     
                    この蝶の名前はスミナガシ。

                    ヤマビワの葉などを食草にし、年2回発生するといわれています。
                    名前は、墨を流したような黒い羽から名づけられたようです。
                     
                    大さんによると、自宅近くのヤマビワの樹木で

                    普通に見られるということです。また、この幼虫は

                    最終の脱皮を終えたもので、これから数日以内に蛹になり、

                    そのまま越冬する可能性があるということです。
                     
                    珍しい形と色をしたスミナガシの幼虫。

                    ネイチャーセンターの企画展示室の窓際の空の水槽に入れてあります。

                    関心のある方は見に来てください。

                    *蝶の写真は、須崎市のご自宅近くの山林で

                     大豊明さんが撮影されたものです。
                     
                    2018年9月29日 たきたろう

                    | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    0
                      記念碑・英字看板披露の会(浅間神社)

                      9月16日は、静岡県須走の富士浅間神社で

                      記念碑の英字看板披露の会がありました。







                      参加者が次々と現地に集合しました。
                      日本野鳥の会の安西英明さんも到着されました。



                      中西悟堂氏のイベントポスターや冊子表紙をタペストリーに仕立てたものを
                      会場のテントにディスプレイしました。
                      開会あいさつがあり、英字看板の紹介や説明があり
                      みなさんの前でお披露目されました。





                      左から悟堂さんの長女の小谷ハルノさん、
                      東富士支部の支部長、菅常雄さん、
                      英語訳を担当された川晶子さん



                      参加者全員で記念撮影をしました。



                      そのあとに篠笛(瀬戸洋平氏)とオカリナ(波多野杜邦氏)の

                      記念ミニコンサートが行われました。
                      お披露目終了後には、道の駅すばしりの研修室でお弁当を食べながら談笑し、
                      この時、小谷ハルノさんより参加者に悟堂さんの書や写真がプレゼントされました。

                      思いがけない贈りものに参加者の方々は感激していました。
                      その後、道の駅から歩きながら安西英明さんのガイド付きでミニ探鳥会が行われました。
                      野鳥話が次々に披露されて、楽しい探鳥タイムとなりました。



                      準備していただいた地元の東富士支部のみなさま、

                      参加のみなさま、ご苦労さまでした。
                      おかげさまで、この日のイベントは無事に終了しました。(報告:しら)

                      | ecotrust | 中西悟堂協会〜☆ | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ