生態系トラスト協会の会員さんや研修に関わった人、協会の活動やヤイロチョウに興味のある方など、みんなの広場です〜♪ぜひコメントを書き込んで下さいね。
ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
0
    シカ定置網の落とし扉を設置。

    昨日、井上鉄工所の親子の他、中西和夫、山崎拓人、秋森稔(樵塾)と

    わたしの4人が加わって、6人でシカ定置網の落とし扉を設置しました。
    高さが4メートルもある檻の扉です。
    強風と寒さの中、苦労して午後4時過ぎにようやく完成しました。
    中に餌となる乾燥した牧草などを散布して、扉はロックして帰ってきました。


    シカが餌付くまで1〜2ヶ月はかかるかもしれません。
    赤外線カメラを設置して、これから気長に待ちたいと思います。

     

    2017年1月14日 たきたろう

    | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      ハイタカの剥製、到着!

      本日、ハイタカの剥製が届きました。
      この鳥は11月29日に金沢市で死体で発見されたものですが、
      ネイチャーセンターに展示されているクマタカ、トビと並べて

      ワシタカ類の大きさなどを比較するために、

      白川郁栄さんから東京の剥製店に送っていただき、
      クマタカ、トビと同じようなポーズで剥製にしていただいたものです。

       


      展望テラスで、クマタカやトビと並べて撮影した写真を添付します。
      ネイチャーセンターには、東京のバードカービングクラブの

      宮下正之さんから送っていただいた小鳥のデコイも展示されています。

       


      学生バードクラブの若いメンバーたちにも見ていただき、
      学習に活用していただきたいと思います。
      ハイタカは、展望テラスの餌台に来ているツミよりも一回り大きいですね。

       

      *このハイタカは、2016.11.29に金沢市伏見町で落鳥しているのを

      友人の水上すずよさんが見つけてすぐに連絡をくれたものです。

      すばやく冷凍保存してくれたおかげで、剥製にして役立てることができました。

      大きさは鳩くらいですが迫力があります。

      鷹斑の美しさもネイチャーセンターでぜひ味わってください。(白川)


      2017年1月12日 たきたろう

      | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        2017・冬の親子愛鳥教室のお知らせ

        2017年、冬の親子愛鳥教室を行います。

        歩きながら冬鳥などの観察を楽しみます。

        定員は親子15組となっています。

        多くの方の申込みをお待ちしています☆

         

        | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          元旦恒例、ツル・コウノトリ調査。

          元旦の午前中は、石川さんと王子HD提出用の調査計画書作成の打ち合わせ。
          午後から四万十町窪川地区を重点にツル・コウノトリ調査を行いました。


          ツルが飛来しても良さそうな餌の2番穂が多く残された田園環境はいくつもありましたが、
          おそらく、過去のハンターなどによる追い払い行為の後遺症が残っているため、
          ツルもコウノトリも確認できませんでした。

          (ちなみに、元旦の四国のツルの確認数は、徳島県32羽、愛媛県西条市6羽、西予市8羽、高知県0羽でした)

           

          夕方、石川さんがネイチャーセンター展望テラスの床で死んでいたメジロを拾いました。
          そして、ネイチャーセンターが開館した本日も、「1月1日に孫が拾った」といって、
          四万十町希ノ川の地区(ネイチャーセンターより5キロくらい離れている)在住の
          土居幸重さんからメジロの死体が持ち込まれました。


          本日は中西理事とわたしが1月29日(日)に講師をする「冬の親子愛鳥教室」)のチラシを、
          高知市と四万十町の小学生(約2万枚弱)に配布するため学校別に仕分けしました。
           
          2017年1月4日 たきたろう

          | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            2017 迎春

            | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              大晦日のエサ台作りに現れたツミ!

              本日、餌台の設置を手伝いに来た大谷海明君(四万十高校2年生)が、
              餌台のすぐ横の枝に止まったツミを撮影しました。

              ここに飛来するツミは、あまり人を恐れる様子がありませんので、
              ツミを撮影されたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。


               

               

              今日は大晦日でしたが石川啓吾さんと一緒に、朝から下道の研究路まで材料の丸太をとりに出かけ、

              石川さんの車の屋根に積んでネイチャーセンターに戻り、お昼前から午後6時過ぎまでかかって、

              ネイチャーセンターの展望テラス外側に新しい餌台を設置することができました。
              餌台を訪れる小鳥たちへ、2017年元旦のプレゼントとなることでしょう。


              石川啓吾さんが設計施工、わたしと大谷海明君も手伝ってできた会心の作?となりました。
              完成時はすでに野外は真っ暗でしたが、エサ台の完成記念写真を撮影しました。 

               

              来年度、ネイチャーセンターは1月4日から開館します。

              みなさま、本年もどうもありがとうございました。

              来年も本会の活動のご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
               
              2016年12月31日 たきたろう

              | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                ネイチャーセンターから、年末の報告など。

                土手壁面に塩場を設置する中西理事

                 

                ◎12月25日(日)は、中西和夫さんがボランティアでシカ誘致用の塩を土手の一部に窪みをつくって設置しました。この日持ち帰った1台の赤外線カメラには、タヌキ、イノシシの親子が撮影されていました。

                 


                森の番小屋前で(石川さん、関さん、中村)

                 

                ◎12月26日(月)は、山梨県笛吹市から石川啓吾さんが来訪。東京からツル調査のために来訪された日本生態系協会の関さんと布川さんを、例年ならツルのねぐらのある物部川周辺と仁淀川周辺に案内しました。(現在、高知県のツル飛来数はゼロです)。

                 


                森の番小屋の前で。(布川さん、中村、関さん)

                 

                ◎12月27日は、石川啓吾さんと、日本生態系の関さんと布川さんを森の番小屋に案内しました。そのとき、森の番小屋の上空をハイタカと思われる鷹が円を描いて飛んでいきました。日本生態系協会の二人は四万十市に向かうというので森の番小屋で別れ、わたしと石川さんは草地造成地に出かけました。そして、赤外線カメラの内1台を回収してネイチャーセンターで撮影内容をチェックしたところ、12月11日〜26日までの間に、タヌキとイノシシの親子が撮影されていた。


                ◎12月28日は、雨天のためネイチャーセンターで年賀状の発送準備をしました。


                ◎12月29日は、石川啓吾さんの車で下道の研究路に出かけたところ、前日の風雨で枯れ木が道に倒れていました。倒木を除去して尾根筋に出かけ、来年度に計画している植物などの予備調査を行いました。この日は、留鳥のヤマガラ、ヒガラ、ヒヨドリの他、アトリ、ウソなどの冬鳥の鳴き声を確認しました。他に、尾根道に沿ってイノシシのヌタ場やタヌキの溜め糞を見つけました。今日は、石川啓吾さんの協力で、ネイチャーセンターのすす払いや、テラスの無人カメラの配線を美しく整理しました。特に、午後4時過ぎに小鳥の餌台にヤマガラやスズメなどの姿が見えないので、すす払いをしようと竹竿を持ってテラスに近づいたところ、ツツジの植え込みの間から、小鳥を食べる鷹の仲間のツミが飛び立っていきました。やはり、餌台に小鳥の姿が見えない時間帯は、ツミが餌台から数メートルの近くのツツジの植え込みから狙っていたのでした。また、鳶に似た鳥が「ピーヒョロ」という大きな声で鳴きながら、四万十川方向から芝生広場を横切り、サイレンの横にある電波塔に止まりました。望遠鏡で調べて見るとノスリでした。


                2016年12月30日
                たきたろう

                | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                0
                  1月より入館無料になります!

                  四万十ヤイロチョウの森ネィチャーセンターから

                  報道各社にお知らせをお願いしました☆

                  お問合せ先: 050-8800-2816まで

                   

                   

                  | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  0
                    ネイチャーセンターの背景は雪景色!

                     

                    早朝、ネイチャーセンターから見える標高500m以上の山頂部で積雪が見られ、

                    四万十市に通じる杓子峠や、ネイチャーセンターより北に位置する

                    王子の社有林も白く見えました。王子の社有林の尾根向こうが

                    トラストの森のある下道地区になります。

                    ネイチャーセンターから見えた雪景色は、

                    青空が広がったためお昼までに消えてしまいました。

                    昨日はネイチャーセンターの来年度に向けた宣伝チラシを、保育・小・中学校は

                    四万十町教育委員会を通じ、窪川高校や四万十高校に直接届けた他、

                    四万十ケーブルテレビや、高知新聞等にも広報のお願いをしました。

                     

                    20161216日 たきたろう

                    | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    0
                      エサ台の小鳥たちを狙うツミの姿。

                       

                       

                      今日は四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンターは休館日だったが、

                      2Fで時々パソコンで「みえますねっと」の餌台に置いたモニターを見ながら執務をしていました。

                      朝から展望テラスの餌台には、訪れるヤマガラやスズメの大群で賑やかでしたが、

                      午後になると急に訪れる小鳥が見えなくなりました。


                      午後3時30分頃、パソコンで展望テラスを「みえますねっと」のカメラで見ていると、

                      なにやらヒヨドリのような野鳥がテラスの外の木の下でじっとしているではありませんか。

                      しかし、ヒヨドリにしては動きが少ない・・・不思議に思って1Fに下りて窓辺に近寄ってみると、

                      テラスとガードパイプの間に、嘴が下に曲がった猛禽類、

                      その特徴的な顔立ちから一目でツミのオスとわかりました。

                      午後から餌台を訪れる小鳥の姿が消えたのは、

                      このツミが餌台の周辺で訪れる小鳥たちを狙っていたのでした。(2016年12月12日 たきたろう)

                      *「みえますねっと」はナショナルが提供しているライブカメラ映像配信システムのことです。

                       現在は、ネイチャーセンターの展望テラスに設置した餌台のライブ映像をご覧いただけます。

                       四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンターのホームページの中に、

                      「WEVカメラ 小さな小鳥のレストラン」というバナーがあり、24時間ライブ映像をお届けしています。

                      | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << January 2017 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ