生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
0
    オー・ホンシク先生を迎えて2



    8月15日は朝9時から専門家会議が行われました。韓国のオー先生を交えて

    ヤイロチョウの調査研究の取り組みのそれぞれの発表があり、

    その中で韓国のヤイロチョウとの比較などもしながら、
    興味深い内容がたくさん話し合われました。

     

    あっという間にお昼になり、地元のお弁当を食べたあとは、

    高知市に移動して「わんぱーくこうちアニマルランド」で

    約10年間ここで飼育されているヤイロチョウを観察。園長さんや飼育担当員から

    興味深いお話を聞くことができました。ミミズを中心に食べているイメージのヤイロチョウですが、

    果実を与えないと羽の色がくすむそうで、今は果物もしっかりと与えているそうです。

    越冬地では、熱帯地方の果実類もよく食べているのだろうというお話でした。

    オー先生からは、ヤイロチョウは冬の寒さに弱いので

    飼育室の冬場の室温をもう少し上げたほうがよいと提言がありました。

     

    飼育されているヤイロチョウ。

    オー先生たちによると羽色からこの個体は♀だということでした。

    ここでも熱心なやり取りがありました。

    園内で捕獲しているミミズの種類を

    ミミズの研究者の南谷さんが同定しています。

     

    最後に園長さん、飼育員の方も入って

    ヤイロチョウのブースの前で記念撮影。

     

    その後「わんぱーくこうちアニマルランド」をあとにして、

    オー先生の講演が行われる「いずみの病院」のホールに向かいました。




    夜18時から高知市で【〜韓国と日本を結ぶヤイロチョウ〜】と題して、

    オー先生の講演会が行われました。私たちスタッフは準備等で早めに入りました。

    いよいよ講演会が始まりました。50席用意した会場は満席となりました。

    まずは主催者である生態系トラスト協会の中村滝男会長の挨拶。



    子どもたちも楽しく踊れるヤイロチョウのダンスの紹介をして、
    みんなでヤイロチョウのダンスを楽しみました。

    これは生態系トラスト協会のオリジナルの作品です。





    いよいよオー先生から韓国済州島のヤイロチョウの

    興味深いお話の数々がありました。

    お話のあとに会場参加者との質疑応答があり、

    オー先生がいろんな質問に応えられました。

    会場からは熱心な質問が多くありました。
    その後、オー先生と中村会長の対談へと続きました。



    来年6月頃には韓国のヤイロチョウの「韓国スタディーツアー」も計画されるようで
    もう「参加したい」という声が、あちこちから聞かれました。


    *熱心に聞き入る参加者たち。


    この夜は、関係者が集まって親睦会が行われました。
    韓国と日本を結ぶヤイロチョウがこれから、より大きく羽ばたいて
    人と人をつなぎ、素晴らしい未来を引き寄せますように!



    高知の観光名所の「はりまや橋」で記念撮影をしました。

    オー先生、遠いところまで来て下さり本当にありがとうございました。

    関係者の方々、参加のみなさま、どうもありがとうございました。

    (報告:しら)

    | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      オー・ホンシク先生を迎えて1



      8月14日、午前11時に四万十ヤイロチョウネィチャーセンターに
      ヤイロチョウの研究者たちが集合して、この日は現地視察を行いました。
      メインのゲストは、韓国の済州島大学の教授でもあり、
      韓国鳥学会会長でもあるオー・ホンシク先生です。
      済州島でオー先生に取材をして作ったパネルなどを中心に

      センターの展示を熱心にご覧になっていました。



      センターでの打ち合わせ風景。

      ヤイロチョウのトラスト地を地図を参考にしながら説明を行いました。

      このあと、ヤイロチョウの森に移動して現地視察を行いました。




      トラスト地に到着して、中村滝男会長から説明がありました。



      トラスト地の1号地を歩いて視察、
      昨年も今年もここでヤイロチョウが繁殖した森です。
      急峻な谷間を二つ歩きましたが、足を滑らせると怖い場所です。

       


      同行の記者がカメラを落としてしまい、転がり落ちるカメラを
      追いかける姿はあとで笑い話になりました。



      ここはシーズンになると早朝調査をする駄馬です。

      このトラスト地を訪れた人が「天国のベンチ」と名付けた場所でもあります。

       


      駄馬を少し下るとブッポウソウの巣箱を掛けた場所があり、

      ここにトラストの山々の説明看板があります。




      駄馬から下った森の奥にある観察小屋周辺を案内しました。

      ここは繁殖期は立入り禁止としている保護区域です。



      今シーズンヤイロチョウが確認された場所も視察しました。
      途中、ミミズの専門家がミミズを掘り出してミミズ談義も始まりました。

       

      何もない道で話に盛り上がっていたので、

      通りがかりの車の人にはさぞ不思議な光景だったことでしょうね。

       

      足を延ばしたついでに、下津井の門脇さんのブッポウソウの巣箱などを見に行きました。

      近くにある赤い吊り橋を渡って渓谷を鑑賞しました。

      あっという間にこの日のスケジュールが終わり、

      オー先生の歓迎会&懇親会の会場に移動。





      夜は、オー先生の歓迎会。地元の皿鉢料理やカツオのたたきやお刺身、
      地元の酒蔵の「八色鳥」というお酒で話も盛り上がり、
      ネイチャーセンターのスタッフたちも加わって交流を深めた楽しい夜となりました。

      (報告:しら)

      | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        トラスト地の生き物調査。



        今朝は少し曇り空でしたが、だんだん晴れて来ました。
        今日の調査では19種を確認、ヤマガラ、ハシブトガラス、ウグイス、ヒヨドリ、
        シジュウカラ、コジュケイ、サンコウチョウ、リュウキュウサンショウクイ、コゲラ、
        ホオジロ、ハシボソガラス、カワラヒワ、セグロセキレイ、キジバト、オオアカゲラ、
        カケス、メジロ、ヒガラ、トビ でした。



        田んぼで顔を出していたヌマガエル。何とも可愛いです。



        昨日のアゲハの幼虫も確認。こうして見るとブルーの斑点も美しい。
        終齢幼虫になればアゲハの種類も確認できそうです。



        道路で大きなミミズ(シマミミズ?)がいました。



        干涸びそうなのでダム湖の斜面に移動させました。
        ミミズの仲間はよく見るとキラキラ光ってきれいなものが多いです。



        こちらは道で死んでいたハンミョウ。
        羽の下も金属光沢なのが分かります。



        ついでに番小屋の前の溝で死んでいたクワガタ♀。



        こちらはトラスト地の看板を立ててあるスペース。
        ノウサギのフン場になっているようで
        毎日新鮮なものが置かれています(笑)



        昨夜は、仕事を終えて一人でネイチャーセンターから車で30分の
        番小屋に帰りましたが、部屋のゴミ袋でガサガサ音を出していたのは
        このハツカネズミでした〜☆  (報告:しら)

        | ecotrust | 番小屋だより〜☆ | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          観察舎周辺の草刈り作業。





          今朝も朝6時から鳥類調査。
          今日は霧が立ちこめて幻想的な風景でした。



          まだ月が出ていました。



          今日のダム湖の風景。
          確認できた野鳥は17種、キジバト、ヒヨドリ、メジロ、コゲラ、
          ヤマガラ、ホオジロ、リュウキュウサンショウクイ、シジュウカラ、
          サンコウチョウ、コジュケイ、ハシボソガラス、ウグイス、ハシブトガラス、
          ブッポウソウ、カケス、ツバメ、カワガラス でした。





          ひと休憩した後は、観察小屋周辺の草刈りをしました。
          繁殖時期は立ち入り禁止にしていましたが、この時期まで入らずにいると
          観察小屋が見えないくらいに草の丈が伸びていました。



          丸木橋も見えなくなっていたので
          ここも草刈りをしてすっきりさせました。



          草刈り後の観察舎。



          ユキモチソウが青い実をつけていました。



          白い糸をつけたスケバハゴロモの幼虫。



          透明なハート型の羽を持つスケバハゴロモ成虫。

          | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            トラスト地の看板再生。



            昨日の夕方、金沢からこちらに到着!さっそく今朝は5時過ぎに起きて、
            トラスト地に来たらいつも行っている鳥類調査をしました。
            今朝、確認できた野鳥は18種でした。

            サンコウチョウがしっかりさえずっていました。
            コジュケイ、ホオジロ、ブッポウソウ、ウグイス、ヤマガラ、キジバト、
            ハシボソガラス、ヒヨドリ、メジロ、サンコウチョウ、カワラヒワ、アオバト、
            オオアカゲラ、コゲラ、シジュウカラ、エナガ、サンショウクイ、アオサギ。


            *汚れて倒れてしまったトラスト地の看板

            その後、理事さんや職員も入れて4人で、
            トラスト地の看板が倒れて汚れてしまったので
            キレイに立て直すことになりました。



            汚れた枠を外して立て直しです。
            私も看板表面をタワシでこすってきれいに磨きました。



            午前中いっぱいかかりましたが、
            きれいに看板がよみがえりました!
            立て直した看板前で記念撮影をしました。

            (報告:しら)

            | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              8/5 夏の野鳥と自然観察会(石川)



              夏の自然観察会・キゴ山は今年で3回目。8月5日の土曜日は、
              約30人が金沢市郊外のキゴ山ビジターセンターに集まって

              夏山の自然や生き物を楽しみました。



              ホオジロが道でエサをついばんでいるのを観察。
              スズメとの違いを観察しました。


              この日、ウシガエルの声を初めて聞いた人も多く、
              ウシガエルの不思議な声に様々な感想の声がありました。


              虫探しに子どもたちは夢中!何が採れるかな?



              観察後は、確認した生き物をみんなで出し合いました。

              パンとスタッフたちの手作りジャムや手作り赤紫蘇ジュース、
              お茶で全員でティータイムを楽しみながら、
              感想を話してもらいました。
              夏休みらしく、画用紙も準備して
              今日の思い出の絵も描いてもらいました。
              最後に生き物たちを野山に戻して、絵を鑑賞。
              夏休みらしい絵、親子で描いた絵など、楽しんでもらえたようです。







              楽しい笑顔がいっぱいはじけた観察会となりました。
              スタッフのみなさま、ご苦労さまでした〜☆ (報告*しら)

              | ecotrust | 生態系トラスト協会石川〜☆ | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                キゴ山自然観察会の下見。(石川)



                今日は8/5に行う自然観察会の下見を金沢市郊外の

                キゴ山ビジターセンターに集合して行いました。
                スタッフ8名が集まって、最初に簡単な打ち合わせをした後、
                観察コースを歩きました。少し雨もぱらつきましたが、
                曇り空で歩きやすかったです。

                最後にティータイムと今日のまとめをしてから、
                机とイスを出して当日の会場セッティングをしました。

                今日は、当日のポイント探しをしながら

                ゆっくりと自然観察タイムを楽しみました。



                栗の小さなイガを見つけました。



                目立つ色彩のキンモンガ。他にもキオビゴマダラエダシャク、
                クヌギカレハの大きな毛虫なども確認。



                自分から飛び込んできたニホントビナナフシ。



                ミツバアケビの青い実。



                アートな色彩のキノコ。他にもオレンジ色のキノコなど
                森の中はキノコでいっぱい!



                変わった実の形、ツノハシバミ。
                野鳥は12種を確認。イカルやクロツグミの美声に
                みんなで足を止めて耳を傾けました。
                さて、当日は何に会えるかとても楽しみですね!
                多くの方の参加をお待ちしています。 

                (報告:しら)

                | ecotrust | 生態系トラスト協会石川〜☆ | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                0
                  500匹を超えるコウモリの大群

                  四万十町の某所で哺乳類学会の川道美枝子先生といっしょにコウモリを観察しました。

                  500匹を超える集団繁殖地でしたので、

                  保護対策が出来るまでは場所を伏せたいと考えています。

                  種名はまだ確認しれていませんが、耳が長いやや大型のコウモリでした。

                  取り急ぎ、写真のみを公開します。

                   

                  2017627

                  たきたろう

                   

                  | ecotrust | 生きものだより〜☆ | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  0
                    ヤイロチョウの巣立ち確認!

                    みなさん!5月中旬に飛来して営巣行動をしていたヤイロチョウの『巣立ち』が、
                    トラストの保護区の森(調査担当、中西和夫氏)や、
                    昨年、保護協定を結んだ王子HDの森(調査担当、平田智法氏)で確認されました。
                    トラストの保護区の森では、巣立ちしたヒナの鳴き声や親鳥の警戒音などで確認。
                    王子HDの森では、巣の近くに設置した無人カメラなどで確認。
                     
                    今回の巣のあった(あると推定された)場所は、

                    いずれも水の流れに近い沢だったと考えられています。
                    今年の森の番小屋の定点調査では、

                    鳴き声が聞こえなかった日が4日くらいありましたが、
                    今年の巣の位置が、昨年に比べて遠方

                    (森の番小屋よりも200mくらい離れた場所)だったためと思われます。
                     
                    ちなみに、昨年の王子HDの森の巣立ちは7月末でしたが、

                    これは、最初の営巣途中に天敵などに巣を荒らされてしまい、
                    繁殖のやり直しを行ったためだろうと考えています。

                    2017年6月24日(土) たきたろう

                     

                    | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    0
                      エゾセンニュウを確認。

                      5月中旬から、毎朝、森の番小屋の前でヤイロチョウの鳴き声の
                      定点調査(移動しないで一箇所で調査すること)を行っています。
                      6月13日の早朝から「トッピン・ホトトギス」と、独特の早口で
                      北海道北見市在住の花田行博さんに確認してもらったところ、
                      エゾセンニュウの囀りに間違いないということでした。
                      姿を見せないので写真は撮れませんでした。

                       

                      6月13日〜19日まで7日間連続して囀りましたが、
                      6月20日には聞こえなくなりました。
                      エゾセンニュウが去った後の森の番小屋は
                      他の小鳥類が子育てに追われて静かになっていることもあり、
                      急にさびしくなったように感じます。

                       

                      6月21日 たきたろう

                      | ecotrust | 番小屋だより〜☆ | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ