生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
0
    第1回 日本めだかトラスト研究大会

     

    9月21日〜23日まで、高知県で第1回 日本めだかトラスト研究大会を開催しました。
    一日目は、岩松鷹司会長(愛知教育大学名誉教授)による日下小学校5年生の出前授業。
    先生が愛知県刈谷市のご自宅から持参されたメダカの卵を100倍の顕微鏡から大きな
    モニター画面に映して、産卵後、1日目〜8日目まで、

    卵の発生が進んで殻を破って尾びれが動く様子に、
    子供たちは「おー」と感動の声をあげていました。

    夜は宿舎の国民宿舎「土佐」で19時〜21時まで理事会が開催されました。
    参加したのは、岩松鷹司会長、中村滝男副会長兼事務局長、群馬の大山啓三理事、
    福岡の今村高良理事と正会員の岸本武記氏、日高村から中野益隆理事と正会員の藤田浩氏、
    事務局から大谷加奈の8名が参加しました。

     

    二日目の9月22日は、秋分の日の祭日。
    あいにくの雨模様のお天気でしたが、集まった聴衆は、
    岩松会長の「メダカたちの声なきさけび」という講演に
    熱心に耳を傾けていました。
    その後、バスツアー参加者は、メダカの生息地を視察しながら移動。 
    下道地区にあるヤイロチョウの森も視察しました。
    夕方、宿舎の国民宿舎「土佐」に戻りました。

     

    最終日三日目の9月23日は、高知小学校に出かけて、5年生を対象に出前授業を行いました。
    この日の出前授業には、日高村の授業に参加できなかった中野益隆氏や、
    愛媛大学教育学部講師の中村依子氏も参加されました。
    最後に、橋本正博校長と参加者が揃って記念写真を撮りました。

     

    9月23日 たきたろう

    | ecotrust | 日本めだかトラスト協会〜☆ | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      第15回全国めだかシンポジウム in 豊岡2
      8月23日(日)の二日目の体験教室は、
      コウノトリの郷公園に9時に集合でした。
      私たち事務局は、めだか協会会長の
      岩松鷹司先生と共に準備のため早めに会場入り。
      9時の開園前には野生のコウノトリの姿が
      見られるということでワクワクしました。
      そして、いましたよ!野生のコウノトリが。
      すぐ近くを飛んでくれました。

      こちらはコウノトリの郷公園で飼育されているコウノトリ。
      こんなふうに首を後に曲げてから
      クチバシを鳴らしながら首を下に降ろします。
      このときノドが膨らみ赤い部分が見えるのでした。
      これが噂のクラッタリング(クチバシで音を出す)ですね。
      目の前で初めて見ました。

      コウノトリの動作はゆっくりしていて本物を見て
      「模型?」と聞かれることもあるそうです。
      案外のんびり屋さんのコウノトリ。日本で絶滅した理由は、
      そんなところにもあるのかもしれません。

      一度絶滅してしまった経緯はトキと同じで、
      今は人工繁殖したものが野外に帰っています。
      大型の鳥が復活するには彼らが住める環境が必要です。
      県外にいるとコウノトリの情報はあまり入ってきませんが
      地域的な保護対策でなく全国的な環境保護の大切さを感じました。


      これが私が好きな写真です。昭和35年のこの近くの出石川の風景。
      館内に展示してあったものですが、冊子などでもよく紹介されている写真です。
      コウノトリと人と但馬牛、生きものたちが共生していた時代ですが
      それはそんなに遠い昔のことではありません。
      このあと、コウノトリは保護の甲斐もなく日本で絶滅してしまうのです。
      私たちはいつの間に大切なものを失ってしまったのでしょうか?
      それはこの星に生きていく人類の心の有り様に関わっているような気がします。

      みんなが集合して、この日の体験教室の始まり。
      コウノトリの郷の職員の説明を聞きました。

      その後は、*豊岡のビオトープ見学チーム と
      *めだか発生の観察チーム に分かれました。

      私はビオトープ見学に参加。4カ所のビオトープを見学しましたが
      水辺の環境を守るには、草の除去などの作業が大変な様子でした。
      水辺の環境はどんどん変化していくので、
      手をかけなければいい環境が保てません。
      人の手が水辺の環境には欠かせないことがわかりました。


      最後には終了時間を過ぎてしまいましたが
      コウノトリの郷公園のビオトープで生き物をタモで捕らえて
      ヤゴやゲンゴロウ、メダカの姿を楽しみました。

      今回も学びのある楽しい全国めだかシンポジウムでした。
      自分の住む地域以外に出かけることは、
      いろんなことを知る上で大切なことだと思いました。
      このあと、自由解散となりました。
      参加のみなさま、暑い中ほんとうにお疲れさまでした☆ 

      (報告:しら)
      | ecotrust | 日本めだかトラスト協会〜☆ | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        第15回全国めだかシンポジウム in 豊岡1
        *シンポジウム実行委員長の岡本邦夫氏の挨拶から始まりました。

        8月22日(土)、兵庫県豊岡市で全国めだかシンポジウムが
        「じばさんTAJIMA」という場所で行われました。

        イベント前には理事会が行われ、今後の会の活動などについて
        意見交換や提案がたくさん出されました。
        *理事会を終えて記念撮影。

        シンポジウムのオープニングは
        子どもたちの和太鼓演奏から始まりました。
        開会式には、豊岡市長のご挨拶もありました。
        続いて、全国から集まった各団体の活動報告や研究発表。
        今回もたくさんの参加がありました。

        その他、豊岡・但馬の生き物環境の報告が地元の小学生や
        高校生、市民団体、コウノトリ研究所からありました。
        会場にはグループの展示や発表もありました。
        *岩松鷹司会長による環境提言。
        *司会進行は高校生の放送部の方たち。

        その後、会長からの環境提言があり、
        5時過ぎに無事に閉会となりました。

        夜6時からは全国の仲間が集まって懇親会。

        食事をしながら各地域の団体の紹介タイムが
        順に楽しく繰り広げられたのでした。

        いよいよ、翌日は二つのグループに分かれて
        体験教室が行われました。

        (報告:しら)
        | ecotrust | 日本めだかトラスト協会〜☆ | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          第14回全国めだかシンポジウム in 越前(10/12)
          翌日12日はバスでコウノトリPR館を訪れて学習会。
          *担当の県の獣医さんからコウノトリの説明を聞きました。
          *大きなコウノトリはネコと同じ体重なんですって!
          *コウノトリの剥製。
          その後、自然農法で米づくりをしている田んぼと
          その田んぼに囲まれたケージで飼育されているたコウノトリ5羽を
          少し離れた場所から見学しました。

          *素晴らしい田んぼの風景。田んぼのため池にタモを入れると
           ドジョウやフナが捕れました。この環境にメダカの姿がなかったのは
           この場所が8mの豪雪地帯だからのようでした。

          そのあとは「ザリガニ釣り全国大会」が行われ
          池をぐるりと囲んで、みんなでザリガニ釣りをしました。
          みんなで釣ったザリガニはバケツ一杯になりました。
          塩ゆでして唐揚げにすると美味しいとか・・。

          たくさん釣ったナンバースリーの方たちは表彰され
          美味しいお米が賞品としてプレゼントされました。
          最後に小学校跡の「ほたるカフェ」で
          地元の手料理をバイキング形式で楽しみました。
          その後、バスで武生駅に戻って解散となりました。
          武生のスタッフのみなさま、全国から参加のみなさま
          楽しいひとときをありがとうございました。
          これからもメダカが住める環境づくりのために
          力を合わせていきましょう。
          そして、このメダカのネットワークが日本中に広がったらいいですね。
          来年は兵庫県豊岡市で第15回が行われる予定です☆
          たくさんの方々の参加をお待ちしています。

          (報告;しら)
          | ecotrust | 日本めだかトラスト協会〜☆ | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            第14回全国めだかシンポジウム in 越前 (10/11)
            10月11、12日は福井県越前市で「第14回全国めだかシンポジウム in 越前」
            が行われました。(ちなみに昨年は高知県日高村で行いました)

            まずはイベント前に、本年度の日本めだかトラスト協会の理事会・総会が行われ、
            全国から理事さんたちが集まって議案の審議をしました。
            そのあと開会式や表彰式が行われ、
            午後2時からは基調講演が始まりました。
            *講師は東京大学准教授の吉田丈人氏、
             テーマは「メダカ・ミジンコ・コウノトリをつなぐもの」でした。
             専門はミジンコの研究をされているそうです。
            参加者が熱心に講演を聞いていました。
            コウノトリを頂点に置いた生態系ピラミッドが印象的でした。

            その後は、パネルディスカッション。
            「メダカがつないだ活動と、今後10年の発展に向けて」というテーマの下で
            意見交換がなされ、その後の会場からの質疑応答も活発に行われました。

            会場入口のスペースでは、メダカ釣り、メダカのストラップづくり、
            ペットボトルで水槽づくり、メダカの折り紙などのコーナーが用意されていました。
            *小さなエサを針先につけてメダカを釣ります。
             さぁ、釣れるかな?挑戦者にはメダカが二匹プレゼントされていました。
            私も時間を見つけて挑戦!
            ちょっと難しかったストラップづくりですが
            出来上がったときは嬉しかったです。

            懇親会では、越前市の伝統芸能が披露されました。
            夜の懇親会では、地元越前市のお料理とお酒が準備され、
            各地のグループが順に紹介され、参加者同士が
            和気あいあいと全国交流を楽しみました。

            (報告:しら)

            | ecotrust | 日本めだかトラスト協会〜☆ | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              岳の池自然観察会とめだかコンサート♪   
              8月19日(日)9時〜11時に、貸切バスで中原別荘より自然観察会で
              20キロ離れた休耕田を活用したビオトープ「岳の池」を視察。
              *湧き水が流れる段差のある休耕田『岳の池』には
               小さな生きものたちがいっぱい!
              *成見先生から生きものの説明を聞く参加者たち。

              昼食後、13時〜15時まで宝山ホールにおいて
              第22回めだかコンサートが開催され、
              東日本大震災の被災地の釜石からの特別参加もありました。
              最後に全員で「ふるさと」の歌を合唱し閉幕、
              すべての日程が終了しました。

              全国から参加された日本めだかトラスト協会会員の皆さま、
              地元で全国シンポジウムの開催にご尽力いただいた
              すべての皆さまに感謝!

              たきたろう 
              | ecotrust | 日本めだかトラスト協会〜☆ | 23:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                第12回全国めだかシンポジウム
                8月18日(土)13時〜17時、鹿児島市のかごしま環境未来館で
                「第12回全国めだかシンポジウム」が開催されました。


                開催に先立ち、午前中に日本めだかトラスト協会理事会が開催され、
                事務局より中村滝男、白川郁栄が参加し、次年度に高知県で
                「第13回全国めだかシンポジウム」を催すること
                などが決まりました。

                *岩松会長からのあいさつ

                *中村滝男事務局長からの報告

                *「藤沢めだかの学校」の渡部かほり会長からの報告

                *たくさんの人で会場は満席となりました。

                シンポジウムには14都府県より約150人が参加し、
                『休耕田活用ビオトープの意義』と題する成見和總氏の
                基調講演が行われました。続いて事例発表が行われ、
                日本めだかトラスト協会の中村滝男事務局長より
                『日本めだかトラストの13年〜次世代へ語り伝えたいもの〜』、
                藤沢メダカの学校をつくる会の渡部かほり会長より
                『藤沢めだかの学校をつくる活動』、
                北九州市環境局環境未来都市推進室の生野絵美氏より
                『響灘ビオトープが今秋オープン』、
                NPO法人メダカの学校かごしまの久本勝紘理事長より
                『田んぼビオトープ〜メダカの学校の22年〜』と題する
                発表が行われました。

                *子どもたちによる終わりのあいさつ

                最後に、パネルディスカッションが行われ、
                シンポジウムが終わった17時過ぎに日本
                めだかトラスト協会総会が開かれました。

                *パネルディスカッションの様子

                夜は温泉ホテル中原別荘において、120人が参加して
                盛大な交流会が行われ、参加者の懇親が深まりました。
                 
                *地元鹿児島料理がとても美味しかった懇親会会場の様子。
                | ecotrust | 日本めだかトラスト協会〜☆ | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                CALENDAR
                SMTWTFS
                     12
                3456789
                10111213141516
                17181920212223
                24252627282930
                << September 2017 >>
                PR
                SELECTED ENTRIES
                CATEGORIES
                ARCHIVES
                RECENT COMMENTS
                RECENT TRACKBACK
                MOBILE
                qrcode
                LINKS
                PROFILE
                このページの先頭へ