生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
<< 9/28〜10/2 OJT研修 in 高知 4日目 | main | 新しい観察小屋『八色山荘』整備。 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      9/28〜10/2 OJT研修 in 高知 5日目

      10月2日はOJTの5日目。
      早朝バードウォッチングは、下津井橋から国道439号線を吊り橋方面まで歩いて往復。
      小声で「ホーホケキョ」とさえずるウグイスのぐぜりのような鳴き声を聞いて驚く。
      どうやら若鳥の練習鳴きか?
      下津井橋まで戻ってきたところ、「キャララ・・ララ・・ララ」という
      けたたましいヤマセミの鳴き声。橋の上から上流側を見ると4羽のヤマセミが
      鳴き交わしながら上流方面に飛んで行った。

      朝食後、森の番小屋に移動して、人を寄せ付けない急傾斜の谷を沢登りして
      四万十ヤイロチョウの森の第一営巣谷を視察。
      その後、観察小屋前で巣箱の掃除に向かった。
      5月2日に設置した2つの巣箱には、おそらくはムササビかモモンガが
      スギの皮を細く砕いた巣をつくっていた。

      佐々木さんが6メートルのはしごを登って
      自分でつくったブッポウソウ用の巣箱を設置した。


      今回は八色和紙染めの時間はとれなかったが、
      最後に画用紙に思い出に残った絵を描いて説明して5日間の研修を終了した。
      全5日間を終了した佐々木和之さん、前半の2日間だけ参加された鹿児島の永井恭子さん、
      後半の3日間だけ参加された石川県白山市の青山輝久さん、お疲れ様でした。
      最終日のこの日、研修生2人は窪川14時1分発のJRに間に合わすために、
      土佐大正13時21分発のJRで帰ることになりました。


      大阪自然環境保全協会のメンバーは、猛スピードで
      牛小屋跡地を八色山荘に改修していって、杉板をはったり、
      ベニヤ合板を張ったり、新たに窓枠も作られましたよ。
      明日の午前中にはほぼ完成させて(?)大阪に帰られる予定です。 

      たきたろう
      | ecotrust | 2011・9/OJT研修 in 高知 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 23:41 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
        CALENDAR
        SMTWTFS
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ