生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
<< 自然体験キャンプ参加者からのお手紙 | main | 研究用道路、崩れる! >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      第1回 日本めだかトラスト研究大会

       

      9月21日〜23日まで、高知県で第1回 日本めだかトラスト研究大会を開催しました。
      一日目は、岩松鷹司会長(愛知教育大学名誉教授)による日下小学校5年生の出前授業。
      先生が愛知県刈谷市のご自宅から持参されたメダカの卵を100倍の顕微鏡から大きな
      モニター画面に映して、産卵後、1日目〜8日目まで、

      卵の発生が進んで殻を破って尾びれが動く様子に、
      子供たちは「おー」と感動の声をあげていました。

      夜は宿舎の国民宿舎「土佐」で19時〜21時まで理事会が開催されました。
      参加したのは、岩松鷹司会長、中村滝男副会長兼事務局長、群馬の大山啓三理事、
      福岡の今村高良理事と正会員の岸本武記氏、日高村から中野益隆理事と正会員の藤田浩氏、
      事務局から大谷加奈の8名が参加しました。

       

      二日目の9月22日は、秋分の日の祭日。
      あいにくの雨模様のお天気でしたが、集まった聴衆は、
      岩松会長の「メダカたちの声なきさけび」という講演に
      熱心に耳を傾けていました。
      その後、バスツアー参加者は、メダカの生息地を視察しながら移動。 
      下道地区にあるヤイロチョウの森も視察しました。
      夕方、宿舎の国民宿舎「土佐」に戻りました。

       

      最終日三日目の9月23日は、高知小学校に出かけて、5年生を対象に出前授業を行いました。
      この日の出前授業には、日高村の授業に参加できなかった中野益隆氏や、
      愛媛大学教育学部講師の中村依子氏も参加されました。
      最後に、橋本正博校長と参加者が揃って記念写真を撮りました。

       

      9月23日 たきたろう

      | ecotrust | 日本めだかトラスト協会〜☆ | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 15:18 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
        CALENDAR
        SMTWTFS
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ