生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
<< ヤマガラ巣立ちビナ。 | main | 鳴いているヒナは何?(石川) >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      ブッポウソウの産卵。

      5月30日、森の番小屋の横の街頭電柱に設置した巣箱に

      今年もブッポウソウが飛来しています。

       

      下津井のブッポウソウの番人として知られる門脇恒美さんが調査したところ、

      巣箱の中で4卵が確認されました。順調に孵化し、

      7月に巣立ちしてくれることを期待しています。

       

      5/30 たきたろう

      | ecotrust | 番小屋だより〜☆ | 12:16 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 12:16 | - | - | - | - |
        こんにたは〜
        巣箱は大きいですね。私のオオコノハズクの巣箱より一回り大きい様でですね?
        ブッポウソウの卵も長径35〜40个呂△蠅修Δ妨えます。右側の卵はやや細長く見えます。止め卵でしょうか?
        今後の成長が楽しみにしています。
        | 古庵 | 2017/06/03 8:56 AM |
        四万十町や須崎市など、オオコノハズクが意外に高知県各地で普通に繁殖していることを知りました。
        体長20センチもある小鳥類を捕食していることを知り、びっくりしています。
        ブッポウソウも時々何者かに捕食されていますが、羽が散乱している場所にハイタカの羽も落ちていたことがあるそうです。
        小鳥を食べる猛禽類としては、フクロウの仲間、ハイタカ、ツミ、ハヤブサの仲間などが知られています。
        ご指摘のように、卵の形状に違いがありましたね。
        何か新しい発見がありましたら教えてください。
        | たきたろう | 2017/06/04 3:50 PM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2019/01/17 7:02 AM |









        トラックバック機能は終了しました。
        CALENDAR
        SMTWTFS
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << January 2020 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ