生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
<< 2017日本めだかトラスト協会理事会。 | main | 10/7 自然観察会の下見へ(石川) >>
0
    第16回全国めだかシンポジウム in 山梨。


    *不動湯の宿のウラの赤い鳥居。

    昨日は、日本めだかトラスト協会の理事さんたちが集合して理事会が開催されました。

    夜は不動湯という温泉のある宿泊施設で泊まりました。
    私は同じお部屋になった福井の中見池で活動されている笹木さんと
    いろいろなお話ができて、とても楽しいひとときでした。



    翌朝は、不動湯周辺を歩いて朝の散歩を楽しみました。
    この秋初めて見つけたツリフネソウの花。



    朝食を済ませて、みんなで会場の明日見湖へ移動しました。



    ここに来てまず見つけたのは、水辺にいたこのマルガモ。
    カルガモとマガモの雑種です。





    富士吉田市主催の明日見湖環境フェスティバルが同時開催されました。
    あいさつのあとのオープニングセレモニーの様子。
    この場で壁画が公開されました。いろいろな模擬店やステージではダンス、
    トウモロコシの販売や地元の婦人会の販売、
    湖にはヨットも出てとてもにぎやかでした。



    私は地元で朝採れのトウモロコシは、甘くて美味しかった!
    一本のトウモロコシの背景にも育った環境や時間が凝縮しています。



    お仲間が、「蓮の実を食べてごらん」とくれたので味見。
    クセのない味でした。



    子どもたちがザリガニ釣りをしていました。



    お仲間たちと記念撮影。地元の勝俣源一さんの案内で

    めだかの泳ぐ水田を視察しました。



    ここが今回の主役の源さんのメダカの水田。
    メダカがたくさん泳いでいました。



    いよいよ正午過ぎから始まった「全国めだかシンポジウム」。
    岩松会長のあいさつ、明日見湖の歴史も紹介されました。
    お天気がいいと富士山が見えるという場所ですが、
    曇り空の昨日今日と、富士山の姿は残念ながら見れませんでした。



    そして今日の目玉の東京大学の
    尾田先生のめだかの講演が始まりました。



    尾田先生のめだかのお話は、わかりやすくて面白く、
    多方面からメダカを語られ実験の結果も知れて
    約2時間がほんとうにアッという間でした。
    「メダカとは何ぞや」は、結局、「人間とは何ぞや」に
    行き着くのでした。メダカと人間、共に住むこの星、
    豊かな未来は、私たちの思考と行動にかかっているのですね。



    電車の予定で早めに会場を出たメンバーもいましたが
    最後に参加者で記念撮影をしました。

    今回も有意義な集いをありがとうございました。

    (報告:しら)

    | ecotrust | 日本めだかトラスト協会〜☆ | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 20:06 | - | - | - | - |









      http://ecotrust.jugem.jp/trackback/743
      CALENDAR
      SMTWTFS
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      RECENT TRACKBACK
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ