生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
<< 消えた黒ヤギさん。 | main | 済州島ヤイロチョウスタディツアー >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      5月〜6月の報告。

      *シジュウカラの巣立ちビナ

       

      5月20日〜21日には、ドイツ人のMartin Rutzさんが、

      5月24日〜25日には、静岡県から常連の鈴木美也子さんご夫妻が、

      それぞれロッジ「八色鳥森の家」に宿泊されました。
      6月1日〜3日には、阪急旅行社の企画で奥多摩支部などから

      11名の四万十ヤイロチョウスタディツアーの一行が来られました。

      群馬県の日比野善彦さん、愛知県のヤイロチョウ保護調査員の岡辺俊明さんが来られて、

      森の家に宿泊され、ヤイロチョウ調査に参加されました。
      また、6月5日〜16日まで、NHKさわやか自然100景の

      取材スタッフが滞在して取材を続けています。
      6月9日〜10日には、生態系トラスト協会主催の

      『親子ホタルとヤイロチョウ宿泊観察会』が行われましたが、

      雨模様のためキャンセルがあり、結果的に1組の参加となりました。


      森の番小屋横のブッポウソウの巣箱には、

      5月25日に卵が1個産み落されていました。
      (6月10日現在では3個に増えています。)
      6月10日、農機具プレハブ横の電柱に設置した巣箱から、

      アオダイショウに襲われる直前にシジュウカラのヒナが

      親に急かされて巣立ちしました。まだ、うぶ毛が残っている状態で

      巣から飛び出てしまったので、翌日の6月11日の朝に森の番小屋の玄関先
      にうずくまっているヒナもいました。
      早いところでは、ヤイロチョウがミミズをくわえて飛ぶ姿が見られる様になりました。
      どうやら、ヤイロチョウのヒナも孵化したようです。

       

      たきたろう

      | ecotrust | 番小屋だより〜☆ | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 14:04 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
        CALENDAR
        SMTWTFS
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ