生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
<< 記念碑・英字看板披露の会(浅間神社) | main | スミナガシが蛹に変身(変態)しました! >>
0
    スミナガシの観察。

    写真の葉の上にいる幼虫(右の角のある部分が頭)は、

    昨日、須崎市在住の大豊明夫妻が食草のヤマビワの葉と一緒に、

    ネイチャーセンターに持参してくださったものです。
     
    この蝶の名前はスミナガシ。

    ヤマビワの葉などを食草にし、年2回発生するといわれています。
    名前は、墨を流したような黒い羽から名づけられたようです。
     
    大さんによると、自宅近くのヤマビワの樹木で

    普通に見られるということです。また、この幼虫は

    最終の脱皮を終えたもので、これから数日以内に蛹になり、

    そのまま越冬する可能性があるということです。
     
    珍しい形と色をしたスミナガシの幼虫。

    ネイチャーセンターの企画展示室の窓際の空の水槽に入れてあります。

    関心のある方は見に来てください。

    *蝶の写真は、須崎市のご自宅近くの山林で

     大豊明さんが撮影されたものです。
     
    2018年9月29日 たきたろう

    | ecotrust | 四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター☆ | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 22:30 | - | - | - | - |









      http://ecotrust.jugem.jp/trackback/792
      CALENDAR
      SMTWTFS
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << January 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      RECENT TRACKBACK
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ