生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
<< 2019 | main | 大規模風力発電計画への対応(調査地選定の下見) >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      高知県、ツルの飛来状況。

       

      2018年10月末から11月にかけて、四万十市や土佐市、高知市(旧春野町)、

      南国市、香南市などに数羽〜数十羽以上のナベヅルが飛来しました。
      しかし、現在も高知県に残っているのは四万十市(旧中村市)にいる

      マナヅル7羽(幼鳥1羽を含む3羽の親子2組と1羽の成鳥)だけです。


      昨日は、夕方、森沢地区の水田で餌を食べている7羽のマナヅルの群れを観察しました。
      まだ、西日が残る17時10分頃に現地に到着。

      薄暗くて肉眼では見えなくなる18時6分まで観察しました。
      ときおりゆっくりと翼を広げる個体もありました。
      ツルのいる水田よりも向こう側の舗装された農道を

      軽トラックが通過した際には全部が首を伸ばして警戒の動作をしましたが、
      それ以外は、全部が一斉に餌を食べている時間もあり、

      比較的安全が確保されているように感じました。


      九州を除いて、四国には、宇和盆地に87羽、西条市の水田地帯に7羽、

      徳島県に1〜2羽のナベヅルが越冬中。本州では、山口県八代地区に7羽、

      和歌山県御坊市と美浜町にナベヅル44羽が越冬中です。
      九州では鹿児島県にナベヅル、マナヅルの越冬地が集中していますが、

      行政が「安全なねぐらと餌場」を確保しているからです。
      農地や河川敷、ため池などを利用して越冬するツル類を保護するためには、

      行政よる安全なねぐらや餌場の確保が欠かせません。
      ツル保護に関心のある方はご連絡ください。
       
      2019年2月2日
      中村滝男(たきたろう)

      | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 12:43 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
        CALENDAR
        SMTWTFS
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << January 2020 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        このページの先頭へ