生態系トラスト協会の活動を紹介しています。絶滅危惧種ヤイロチョウの保護活動、バードウォッチングツアー、行事の報告もお知らせしています。質問など自由にコメントを書いて下さいね☆ホームページ http://wwwd.pikara.ne.jp/ecotrust/
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      猛暑、お見舞い申し上げます。

      *調査のようす/鈴木美也子さんご夫妻

       

      標高250メートル付近にある森の番小屋でも、

      12時現在36度、湿度33%と猛暑にあえいでいます。

       

      ヤイロチョウの森の近況をお知らせします。

      6月26日、27日に2羽のヤイロチョウが下道ダバから見降ろすケヤキ谷で

      激しく鳴き交わしたことから、この地のヤイロチョウは1度目の繁殖に失敗したものと判断し、

      ダバ地から鳴き声調査を行いました。

      7月1日は5時00分に8声、7月2日は4時18分に数声、7月3日は豪雨のため休み、

      7月4日〜5日は鳴かず、7月6日〜8日は豪雨のため休み、7月9日は6時03分に1声、

      7月10日〜12日は鳴かず、7月13日は5時34分に7声。

      7月14日〜18日(今朝)までは鳴き声が聞こえません。

       

      王子の森の調査をしている平田智法さんが調査している巣では、

      抱卵交代は一日で6時と15時の2回だけで、

      交代の合図に鳴かない時もあるということでしたので、

      鳴き声による調査は厳しいものがあります。

      しかし、月末までに親鳥が巣にいるヒナに向って大きな声で巣立ちを促す声が

      聞こえてくることを楽しみに、7月中は下道ダバで鳴き声調査を続けたいと考えています。

      鳴き声調査に同行をご希望の方は、毎朝、4時30分頃までに

      森の番小屋に来てください。
      会員の方は『八色鳥森の家』をご利用いただけます。

      写真は、10月11日にダバ地の調査に同行された黒笹さんと岸さん。
      7月15日には静岡県から鈴木美也子さんご夫妻が同行されました。

      ケヤキ谷に面した樅の木の梢では、

      リュウキュウサンショウクイがさえずってくれました。

      7月16日には、済州島のヤイロチョウスタディ調査に参加された

      高尾和伸さんに草刈りボランティアとヤイロチョウの営巣地調査に

      ご協力いただきました。

       

      その後、高尾さんと森の中で営巣調査を行いました。

      スギ林の中では青カンタロウの子どもに、

      ウォーキングトレイルではヘビの子どもに出会いました。

       

      たきたろう

      | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        2018ナショナル・トラスト全国交流大会in四万十/報告

        *パネルデスカッションのようす(手前から安藤氏、池谷氏、中村、田中氏、進行役神田氏)

         

        平成30年7月豪雨の影響でプログラムや会場に変更があったものの、

        無事に全国交流大会を実施することができました。
        ナショナル・トラスト全国交流大会のメインイベントである

        ナショナル・トラストシンポジウムも急遽、会場を

        「四万十ヤイロチョウの森ネイチャーセンター」に変更して実施しました。

         

        前半は、公益社団法人日本ナショナルトラスト協会の池谷奉文会長による

        基調講演「日本と世界のナショナル・トラストの現状と未来」、

        公益財団法人トトロのふるさと基金の安藤聡彦理事長による特別講演

        「トトロのふるさと基金〜活動の現状と課題〜」が行われました。

        後半は、四万十川財団の神田修事務局長をコーディネーターとする

        パネルディスカッションが行われ、事例報告では、生態系トラスト協会の

        中村滝男会長、王子ホールディングスの田中良正環境経営推進室長、
        トトロのふるさと基金の安藤聡彦理事長からそれぞれ報告がありました。

         

        *感謝状授与(右から渡邊志乃武代理、王子HD、山崎技研)

         

        最後に、日本ナショナル・トラスト協会の池谷奉文会長から、

        『日本は生態系保全の面では韓国や中国よりも後進国になろうとしている』

        という指摘があり、会場全体で日本が生態系保全の先進国となるために

        国会・地方行政などにトラスト活動の推進を働きかけるために何をするべきか、

        何ができるのかといった内容の話し合いも行われました。

         

        7月8日は四万十川流域を観光するツアー予定でしたが、

        こちらも特別大雨警報が発令されたため中止。

        雨の合間に下道ダバ地で探鳥会を行った後高知市に移動し、

        わんぱーく高知アニマルランドで飼育されているヤイロチョウの観察や

        牧野植物園などの施設の見学に変更しました。


        豪雨の中、高知新聞社より取材があり、7月8日(日)の朝刊に掲載され、

        高知県内の多くの方にナショナル・トラスト活動について知って頂くことができました。

        ◎詳しくは次号会報誌で報告いたします。

         

        2018年7月14日

        | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          NHK「さわやか自然百景」放送延期のお知らせ。

          ヤイロチョウやトラスト地の様子を撮影した

          NHKの番組「さわやか自然百景」は、7月29日(月)に放送予定でしたが、

          平成30年7月豪雨の特番が入ったため、放送が延期となりました。

          9月に放送予定のようですが、詳しい日時が確定しましたら、

          またお知らせいたします。

           

          (報告)山崎

          | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            ナショナルトラスト全国交流大会in四万十

            *エコツアー参加者と記念撮影

             

            7月6日に高知新聞に関連記事が掲載されましたが、

            7月7日は四万十町役場に災害対策本部が設置されたため、

            会場の設営準備をしていた役場での開催を断念し、

            2時間前にネイチャーセンターに変更してシンポジウムを実施しました。

            何しろ、四国内はJRも高速道路もストップしている中での

            シンポジウムの開催だったので、参加者のキャンセルが多くて、

            出席者は少なかったですが、講師との打合せなどの準備の甲斐があって、

            講演会やパネルディスカッションの内容はすばらしく、

            予想通り歴史の1ページを開くものとなりそうです。

             

            *増水した熊野神社に川船の見回りに来たウナギの武内講師

            *津賀ダム湖から放流される濁流

             

            しかし、東京から来訪されたエコツアーのプログラムは、

            下津井地区が避難勧告地域に指定されたため、7月6日の夜に予定していた

            懇親会も宿舎の西村旅館もキャンセルになってしまいました。
            8日に予定していた下津井〜下道のバードウォッチングも、

            ホェールウォッチングも、四万十川を川船で見学するプログラムも

            すべて中止になってしまいました。

            かろうじて、雨の降り間に天国のベンチに出かけて記念撮影しました。

             

            中村滝男

            | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 06:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              済州島ヤイロチョウスタディツアー

              *繁殖地でオー先生から説明を聞きました。

               

              6月22日〜24日まで、日本から7名(高知県3名、京都1名、長野県1名、神奈川県2名)+

              1名(ミミズ調査のため先発した南谷幸雄氏)で、

              済州島ヤイロチョウスタディツアーに出かけました。
              オーホンシュク先生はじめ、タクシー運転手のチェさんや

              2人の学生さんたちにもご案内いただきました。
              取り急ぎ、わたしのカメラで撮影した写真を添付します。

              手振れの写真もあって、見えにくいものもありますがご容赦ください。

              *繁殖に成功した巣と巣立ち2〜3日前のヒナ

               

              巣立ち成功率が20パーセント以下という実態を見て、

              これまではヤイロチョウが高密度に繁殖していた同地に、

              天敵のアナグマ、イタチ、ヘビなどが増加して、

              再び減少に転ずる可能性が高くなったと思いました。
              参加者からの写真や感想文が寄せられましたら追加でご紹介します。

              *懇親会のようす

               

              中村滝男

              | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                2018年・ヤイロチョウの飛来情報。

                ◎当協会に寄せられたヤイロチョウの初確認情報は、

                黒潮町で民宿を経営されている山下鹿男さんから寄せられた

                「5月10日午前4時50分に自宅から鳴き声を確認した」

                というものが最初でした。四万十町のトラスト地では、

                ほぼ平年通り、5月15日に下道地区の集落の中心で初鳴きが確認されました。

                それから1週間後の5月24日には鳴き声が静かになったので、

                巣づくり・産卵、または抱卵がはじまったものと思われます。

                また、中土佐町久礼のトラストの森の番人の林幸生さんから、

                「今年は、2年ぶりに5月13日から鳴き声が聞こえている」

                という嬉しい報告がありました。

                *下道トラスト地・たくさんのマムシグサ

                 

                5月31日 たきたろう

                | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                0
                  講演会『東京と四万十を結ぶヤイロチョウ秘話』のご案内

                   



                  前に手がけた紙芝居を、
                  このたび子ども向けの絵本にアレンジして制作しました。
                  ヤイロチョウの写真ページと作者(たきたろう)の紹介、
                  ヤイロチョウ保護活動をしている生態系トラスト協会の
                  取り組みもプラスしてあります。
                  4月21日のイベント参加者にはプレゼントされます。(しら)
                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  〜2018ナショナル・トラスト全国交流大会in四万十プレイベント〜
                  講演会『東京と四万十を結ぶヤイロチョウ秘話』のご案内

                  日にち/2018年4月21日(土)
                  時 間/13:30〜15:30
                  定 員/100名
                  会 場/ 銀座フェニックスプラザ3階
                     (東京都中央区銀座3丁目3-9-11紙パルプ会館)
                  申込締切/  4月18日
                  【↓↓詳細はこちら↓↓】
                  http://fairy-pitta.jugem.jp/?eid=27

                  ◎ご参加の方全員に、『ヤイロチョウ営巣発見80周年記念絵葉書』や
                   『ヤイロチョウの森を守ろう』の絵本をプレゼントします。
                   みなさまのご参加をお待ちしています。(公社)生態系トラスト協会

                  | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  0
                    第1回親子植樹イベントを開催。

                    *第1回植樹イベント。植樹終了後に展望台で記念撮影。

                     

                     3月25日(日)、快晴の青空の下、四万十町下道地区のトラスト地に新たに整備中の『ワンダーランドの森』で第1回親子植樹イベントが開催されました。このイベントは、四万十市の公益社団法人トンボと自然を考える会、黒潮町の砂浜美術館と共催で開催されました。四万十町の他、隣接する四万十市、黒潮町、梼原町からの申込みも含めて、親子7組の参加がありました。また、主催の当協会役職員や四万十町町長、職員など親子以外の参加者も含めて、総勢40名を超える参加者がありました。
                     ネイチャーセンターで主催者挨拶、中尾博憲四万十町長挨拶の後、記念撮影。18台の車に分乗して下道地区の「ヤイロチョウ森の家」に移動。試験研究路に沿って作られた植樹予定地に至る道は未舗装で、急角度で2輪駆動車では登るのが難しかったため、4輪駆動車に分乗して植樹予定地まで移動しました。

                     

                    *第1回植樹イベント。植樹の説明の様子。


                     この地域は昨年3月に、一口オーナー募金や日本ナショナル・トラスト助成金を使って取得した旧来の四万十ヤイロチョウの森に隣接する45年生のヒノキ林で、間伐跡地を放置して自然林を再生する予定でしたが、シカによる食害の影響があってヤマザクラなどの稚樹が育たない(食べられて)ということがわかり、食害防止対策のプラスチックカバーを設置して植樹することにしたものです。12時30分に植樹が終わり、ヤッホー展望台で記念撮影。眼下に広がるダム湖や下道の集落。遠方に見える連山などが美しく、参加者全員が「ヤッホーな気分」になったと思います。

                     

                    *植樹のようす

                     

                     森の家に戻って昼食タイム。野外にゴザを敷いて食事する親子も。昼食後は、トサノミツバツツジの紫の花や、ミツマタの黄色い花、ヤブツバキの赤い花も美しい春の植物や、暖かい路上に現れたハンミョウなどを観察しながら、ケヤキ谷まで移動。子供たちは渓流で遊び、シカ捕獲檻の仕組みも学んでいました。

                     


                     たっぷりと春の日曜日を楽しんで、予定より少し遅れて午後3時過ぎに解散しました。写真撮影は中西和夫理事。この他、副会長の夕部美恵子理事夫妻(医師のご主人にはケガ人対策も頼みましたが全員無事でした)、畠山正則理事、橋本正博監事も参加されました。


                    2018年3月25日 たきたろう

                    | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    0
                      続インドの旅で見た野鳥2

                      続けて、インドで観た野鳥たちを紹介します。

                      | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      0
                        続インドの旅で見た野鳥1

                        続インドの旅でヤイロチョウ以外に見た鳥を紹介します。
                        農園の一部にハイド(観察用の窓以外は網で囲んだ隠れ家)が設置してありました。どうやら、ミルワームという日本でも小鳥店などで売っている動物性の餌を置いている他、大きめの水盤では、水浴びをする野鳥などが集まっていました。最初にびっくりしたのは、頭が赤く黒い縞模様が目立つキツツキの仲間でした。次いで、地上でヤイロチョウと並んで餌を食べていたツグミの仲間?でした。また、黒い体に嘴と目の周りの黄色が目立つムクドリの仲間も目立ちました。集団で餌場に訪れていた小鳥は、頭部が白っぽい色をしていました。正確な種名はここでは紹介できませんので、ご存知の方がおられましたら教えてください。2/16 たきたろう

                        *頭が赤く黒い縞模様が目立つキツツキ

                        *ツグミの仲間?

                        *ムクドリの仲間?

                        | ecotrust | 生態系トラスト協会だより〜☆ | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        CALENDAR
                        SMTWTFS
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        << February 2020 >>
                        PR
                        SELECTED ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        RECENT COMMENTS
                        RECENT TRACKBACK
                        MOBILE
                        qrcode
                        LINKS
                        PROFILE
                        このページの先頭へ